福島の生きものは今 ー現在、そして、これからを考える

チラシ-1_1024px

チラシ-2_1024px

3月4日、日本野鳥の会と法政大学主催の次のシンポジウムで放射線像を展示することになりました。会場は、市川駅、飯田橋駅、九段下駅からすぐの法政大学 富士見ゲート校舎 4Fです。

新築の校舎の廊下、映画の上映やトークイベントなどの会場の外側でやりますので、ちょっとだけ無料でチラ見も全く問題ございません。

「福島の生きものは今 ー現在、そして、これからを考える」(3月4日開催)の
—————————————————————
日 時:2017年3月4日(土) 10:00~17:30 (9:30開場)
会 場:法政大学 市ヶ谷キャンパス 富士見ゲート校舎 G402教室
定 員:300名
参加費:無料
申込み:不要
主 催:(公財)日本野鳥の会・法政大学人間環境学部
—————————————————————
<プログラム>
・映画上映
 「福島の生きものの記録 シリーズ4 ~生命~」岩崎雅典(群像舎)
・トークショー
  岩崎雅典(群像舎)×遠藤孝一(日本野鳥の会)

・研究報告
「放射線の性質と生物にとっての特徴」
石田健(東京大学)

「野鳥の個体群レベルの保全と放射線 ―ウグイスを例に」
石田健(東京大学)

「ツバメとカラ類への放射性物質の蓄積」
山本裕(日本野鳥の会)

「放射能汚染地域の魚は健康なのだろうか?」
鈴木譲(東京大学名誉教授)

「福島県の小型哺乳類における放射性セシウム蓄積の実態と生息環境」
山田文雄(森林総合研究所)

「フクロウの繁殖に与える放射能の影響」
西海功(国立科学博物館)

・福島からの現状報告
「失われていく里山、伝統」
稲葉修(南相馬市立博物館)

「寸断された地域の絆、つながり」
松村直登(NPO法人 がんばる福島)

「失われた自然体験の場を取り戻す」
弦間一郎((公財)ふくしまフォレスト・エコ・ライフ財団)

・パネルディスカッション 「福島のこれからを考える」
 <モデレーター> 高田雅之(法政大学)
 <パネリスト>  石田健、稲葉修、弦間一郎、松村直登、山本裕

※会場では、放射線像・写真展も開催します。
[協力:写真家 加賀谷雅道、東京大学名誉教授 森敏]

<お問合わせ>
  (公財)日本野鳥の会 自然保護室
TEL:03-5436-2633











放射線像アプリ 詳しくはこちら

Get it on Google Play