新作74:瓦 – 3次元写真 -

キャプチャ

キャプチャ02

キャプチャ03

浪江町 (2017年9月)
放射線量:10000 cpm

放射線量をご確認ください。6年間野ざらしで雨を受けていたにも関わらず、なぜここまで高い値なのかはっきり分かりません。おそらく古いコンクリートの凹凸に入った放射性物質がほとんど流れ落ちることなく、フォールアウトを受けた当初の汚染をそのまま溜め込んでいたものと考えられます。

フォールアウトの降り注いだ向きがはっきりと分かります(上の写真の左上の方向)。これは、これまでのどのサンプルでも観察されなかったものです。この崩れ落ちた屋根をすべて3次元写真で組み立て、すべての瓦をオートラジオグラフで撮影すれば、また何か別のことが分かるかもしれませんね。

(加賀谷)

Obori Namie Town (September 2017), 10 km from the plant
Radiation level:10000 cpm

This tile was part of the roof of a house that was destroyed by the earthquake and still remains in ruins as it was at that time. The roof fell down and the tile was abandoned. It had been washed by rain for more than 6 years but many radioactive particles continue to cling to the surface. Furthermore, we can see that this tile was subjected to radioactive fallout mainly from the upper left side in this image.

(Masamichi Kagaya)

放射線像アプリ 詳しくはこちら

Get it on Google Play