仏紙 Le Monde

px

3月20日付の仏紙 Le Monde に放射線像が使われました。国連の核兵器禁止条約の交渉が始まる直前に、国際政治学が専門の鈴木一人教授(北海道大学公共政策大学院)に北朝鮮についてインタビューした記事でした。

記事の内容は、イランと北朝鮮との違いや、ブッシュからオバマに政権が移りゼロ濃縮からゼロ核兵器へとイランに対して譲歩したことで交渉が進展した経過などが紹介されています。

「歴史的」な合意に達したイランの核開発問題。この記事は国連での核兵器禁止条約の交渉会議の直前で掲載され、この交渉会議と北朝鮮とアメリカの今後の交渉の進展に関心を促す良い記事だったと思います。

Le Mondeのフォトエディター Marié Sumallaに感謝します。
鈴木教授は、長ぐつの放射線像を見て、きっと「なんだ、これは?!」と思ったでしょうね。なかなかエスプリの効いた仕事、フォトエディターにしかできない仕事ですね。これは。

(加賀谷)

downloads_logomark_color_on_white放射線像のアーカイブサイトを立ち上げました。皆さまのサポートで、より多くの時間を撮像に費やすことができます。記録することと伝えることにもっと専念したい。私たちが2011年のあの原子力発電所事故による放射能汚染を記録していきます。ぜひ月$1~のご支援、よろしくお願いいたします。

become_a_patron_button

放射線像アプリ 詳しくはこちら

Get it on Google Play